« 美容液と乳液 | トップページ

2012年11月16日 (金)

Phバランスについて

最近、洗顔のCMや雑誌などで、

「弱酸性」

という言葉を見ます。

弱酸性だとお肌に優しいというイメージが付いていますよね?!
それは一体どういうことなのでしょうか。

わたしたちの皮膚がこれに関わるのです。
元々、わたしたちの皮膚はPh6前後の中性です。
その状態で保たれていると美肌状態と言えるのです。

使用する化粧品が、酸性、またはアルカリ性に傾いていると、
肌にはあまりよくないということになります。

つねに、肌は汗と皮脂のまざった皮脂膜でおおわれているのですが、
この皮脂膜は弱酸性。

健康な状態だと、それを保ってくれています。

しかし、皮脂膜のペーハー(Ph)が高くなるほど、
菌の働きが活性化し、化膿しやすくなり、
ニキビや吹き出物の原因となるのです。

また、疲れがたまったりストレスが多くなってしまうと
アルカリ性に傾き、刺激に弱くなり、敏感がちに傾いたりします。

美肌を作るためのアイテムを選ぶ際。
Phのバランスが弱酸性のものを使用すると、
より肌に優しいということになりますね。

今、市場に出回っているほとんどのアイテムは弱酸性に
保たれているようなので、過剰に心配する必要はないとは思いますが・・・。

とても大切なことの1つだと思います♪

« 美容液と乳液 | トップページ

弱酸性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1763334/47864516

この記事へのトラックバック一覧です: Phバランスについて:

« 美容液と乳液 | トップページ